総合 総合 sougou

  • 印刷
質問に答える井戸敏三兵庫県知事=参議院
拡大
質問に答える井戸敏三兵庫県知事=参議院

 参院厚生労働委員会は10日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の参考人質疑を行い、2013年に神奈川県に次いで全国2例目となる受動喫煙防止条例を施行した兵庫県の井戸敏三知事らが出席した。

 兵庫県は官公庁や病院、学校などを全面禁煙とする一方、面積100平方メートル以下の飲食店などは適用除外としている。

 井戸知事は国に対し「分煙設備の整備を条件に対策を進めるのなら手厚い支援が必要」と要望。また、兵庫県では条例施行に伴い普及推進員を配置したことに触れ、罰則よりも指導の重要性を強調した。今年は施行から5年の見直し時期に当たり、未成年者や従業員への対策、喫煙の可否を知らせる表示の徹底などを検討していると説明した。

 委員会には日本肺がん患者連絡会の長谷川一男理事長も参加し「法案は不十分。なぜ国民の健康と命を守るという言葉が入っていないのか」などと訴えた。ほかに全国生活衛生同業組合中央会の田中秀樹副理事長、日本対がん協会の望月友美子参事が意見を述べた。(今福寛子)

総合の最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 60%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ