総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
出来上がったばかりの記念貨幣を手にする正木健人選手(右)ら=27日午後、大阪市北区
拡大
出来上がったばかりの記念貨幣を手にする正木健人選手(右)ら=27日午後、大阪市北区
東京五輪・パラリンピック開催を記念して発行される記念硬貨。各競技のデザインが刻まれている
拡大
東京五輪・パラリンピック開催を記念して発行される記念硬貨。各競技のデザインが刻まれている

 2020年の東京五輪・パラリンピックを記念した1万円金貨や千円銀貨などの打ち初め式が27日、大阪市北区の造幣局であった。ロンドン・パラリンピックの柔道男子(視覚障害)100キロ超級で金メダルを取った正木健人選手=南あわじ市出身=らがプレス機につながるボタンを押すと、真新しいデザインが硬貨に刻まれた。

 式典には、シドニー五輪背泳ぎ女子銀メダリストの中村真衣さん、リオ五輪フェンシング女子エペ個人8位入賞の佐藤希望選手らも参加。製造過程をモニターで確認し、それぞれの専門競技のデザインが刻まれた硬貨の手触りを確かめたり、ルーペでチェックしたりした。

 1万円金貨を手にした正木選手は「金はやっぱり重みが違う」と笑顔。「目標は優勝。見て楽しめる競技だということを一本勝ちを通して伝えたい」と意気込みを語った。

 1万円金貨など3種類の販売申し込みは8月1日まで受け付ける。造幣局ハローダイヤルTEL050・5548・8686

(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(2月17日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • 2℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 10%

  • 10℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ