総合総合sougou

  • 印刷
杉田水脈衆院議員の寄稿に抗議する石川大我・豊島区議(中央)ら=5日午後、宝塚市栄町2
拡大
杉田水脈衆院議員の寄稿に抗議する石川大我・豊島区議(中央)ら=5日午後、宝塚市栄町2

 自民党の杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBT)カップルに関し「生産性がない」と月刊誌に寄稿し、批判を受けた問題で、LGBT自治体議員連盟の有志が5日、兵庫県宝塚市や大阪市の街頭で抗議活動をした。

 杉田氏は寄稿で「(LGBTは)子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」などと主張しLGBTへの行政支援を疑問視。LGBT議連は「差別や偏見を助長し、子を産まない人、産めない人も否定する」などと抗議声明を出した。

 同議連の有志は各地で緊急の抗議活動を展開し、5日には阪急宝塚駅近くで約20人が参加した。

 同議連世話人で、同性愛者を公表している東京都の石川大我・豊島区議(44)は「大きな怒り、悲しみを感じた。寄稿文の撤回と謝罪を求める」と強調。同性カップルをパートナーと認め、公的書類を発行する宝塚市の制度も紹介し「差別的な主張に対し『それは違う』と宝塚の地でも訴えてほしい」と呼び掛けた。

(岡西篤志)

総合の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ