総合総合sougou

  • 印刷
書類を提出する「市名の名付け親になろう会」の小寺恵美代表(左端)ら=篠山市役所
拡大
書類を提出する「市名の名付け親になろう会」の小寺恵美代表(左端)ら=篠山市役所

 兵庫県篠山市の市名を「丹波篠山市」に変更するかを巡り、市民団体「市名の名付け親になろう会」は9日、変更への賛否を問う住民投票の実施を求め、篠山市内で署名活動を始めた。署名集めの期間は9月9日までの1カ月間。

 9日、同会の小寺恵美代表(35)ら3人が同市役所を訪れ、署名集めに必要な書類を提出。小寺代表は「賛成でも反対でもなく、中立的な立場で名付け親になるための市民の権利を行使したい」としている。同日午後には市から証明書が交付され、署名活動がスタートした。

 同会によると、署名集めの目標は1万人とし、市内30カ所に常設の署名所を設置するほか、協力者約240人が街頭活動などを展開するという。同市住民投票条例によると、有権者数の5分の1(7095人)以上が集まれば、住民投票の実施が決まる。

 一方、「理解が進んだ」などとして丹波篠山市に市名を変更する意向を表明した篠山市の酒井隆明市長はこの日、「行方を見守りたい」と述べ、署名活動中は市議会へ市名変更の条例案を提出することを見合わせる考えを示した。(尾藤央一)

総合の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 17℃
  • 40%

  • 19℃
  • 13℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 30%

  • 22℃
  • 15℃
  • 30%

お知らせ