総合 総合 sougou

  • 印刷
東灘区制60周年を祝い、区内のだんじりが集結したパレード=2010年10月
拡大
東灘区制60周年を祝い、区内のだんじりが集結したパレード=2010年10月

 新天皇の即位を盛大に祝おうと、神戸・阪神間のだんじりを集めたパレードが来年5月1日に神戸市東灘区で計画されている。同区だけでなく、同市灘区や芦屋市のだんじりも集結。一堂に会するのは初めてで、現時点で42基が参加を表明しており、担ぎ手だけでも3千人を超える見込みという。

 東灘区の住吉神社ゆかりの地域が集う「山路之庄会(やまじのしょうかい)」が呼び掛け、5月に「御大典奉祝だんじり巡行実行委員会」を設立。共通のだんじり文化を持つ神戸・阪神間の地域に呼び掛け、これまでに東灘の32基、灘の5基、芦屋の5基が賛同した。このほかにも参加を検討する動きがある。

 東灘区では平成への代替わりや区制50周年、60周年などで、区内のだんじりが集まってパレードしたが、区外も一緒に巡行するのは今回が初企画となる。

 同実行委によると、JR摂津本山駅北西の山手幹線をメーン会場に設定。4月30日の夜にちょうちん行列で平成への別れを告げる催しも検討している。

 8月28日に開かれた同委員会では、東灘の役員らが灘、芦屋の役員らと初顔合わせ。当日の段取りや役割分担について話し合った。

 竹田統・同実行委会長は「地域の文化を通して新しい時代の幕開けをお祝いし、住民同士の結束を強めるきっかけになれば」と話している。(霍見真一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ