総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市の市職員労働組合(市職労)の役員が給与を受けながら組合活動に従事する「ヤミ専従」をしていたとされる問題で、市が近く実態調査のために弁護士らでつくる第三者委員会を設置することが5日、市関係者への取材で分かった。地方公務員法に基づく必要な手続きが取られていたかなどを調べる。

 市職労本部役員の不適切な組合活動は、庁内でも以前から指摘が上がっており、長年黙認されていた疑いがある。役員だけでなく、役員が所属する部署などの管理職側も調査の対象とするため、第三者委による検証が必要と判断したとみられる。

 市関係者によると、第三者委は弁護士ら5人程度で構成。公務員が組合活動を行う際に必要な職務専念義務の免除について、ルール通りに手続きが行われていたかなどを調べる。必要と判断すれば関係職員にも聴取して確認し、年内にも改善点などの意見をまとめる。市は調査結果を踏まえ、職員の処分などを検討するとみられる。

 市関係者によると、専従が認められていない複数の役員が少なくとも2015年度以降の一定期間、必要な手続きを取らないまま組合活動などに従事し、事実上業務には携わっていなかったという。市人事課には庁内からヤミ専従の可能性を指摘する連絡があったが、これまで詳細な調査や改善は進められていなかった。(若林幹夫)

総合の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 60%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ