総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 JR西日本は7日、乗降客の転落防止対策として明石駅に設置する昇降式ホーム柵の使用開始時期について、2020年春を予定していると発表した。同社の在来線では9番目で、9月中に工事を始める。

 設置されるのは、主に特急や新快速が発着する下りの「3番のりば」と上りの「4番のりば」。列車が到着するとワイヤロープが上下する方式で、安全対策のため「ロープが上がります」などとアナウンスされる。設備は高さ約1・3メートル。長さ約240メートルで、神戸線で最も長い12両編成に対応できる。

 同社はハード面の安全対策として、18年度から5カ年で在来線と新幹線の計25駅で増設・新設する方針。兵庫県内の在来線では六甲道駅で導入済みで、三ノ宮は来秋の使用開始を目指して工事が進んでいる。尼崎、神戸、西明石、姫路でも設置計画がある。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ