総合総合sougou

  • 印刷
分科会の成果を報告する参加者=神戸市中央区東川崎町1
拡大
分科会の成果を報告する参加者=神戸市中央区東川崎町1

 地域活性化や災害ボランティアなどに取り組む団体関係者が話し合う「参画協働フォーラム」が10日、神戸市中央区のクリスタルホールで開かれた。まちづくりに携わる市民や行政職員らが参加し、活動の担い手確保や組織運営の在り方などの課題について意見を交わした。

 県政150年と「特定非営利活動促進法」(NPO法)の成立20年に合わせ県が開催。分科会は九つのテーマから、参加者が関心のあるテーマを選択。「地域の人材養成」では、人材不足解消や若手活動者育成について議論し、参加者からは「有償ボランティアを導入し人材を確保してはどうか」、「有償で行うには行政の支援も不可欠だ」といった意見が挙がった。

 各ブースの議論の内容を代表者が発表した後、市民や行政、NPO団体の協働を促進するための方法について話し合い「参加者の課題共有が重要」と締めくくった。

 地域で人材育成に取り組む女性(52)=兵庫県猪名川町=は「議論の内容を踏まえ、地域参画を進める具体策を自分でも考えていきたい」と話した。(真鍋 愛)

総合の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 29℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ