総合総合sougou

  • 印刷
特許庁が史上初めて商標権を得たロゴマーク(特許庁のホームページより)
拡大
特許庁が史上初めて商標権を得たロゴマーク(特許庁のホームページより)

 商標登録を審査する特許庁が、前身組織の設立から130年余りの歴史で初めて、出願者として商標権を得たことが分かった。同庁が推進する特産品のブランド化施策「地域団体商標制度」のロゴマーク。審査機関が自らの出願をチェックし、権利を登録するという手続きに、担当者は「ロゴの役割を重視した極めて例外的な措置」とする。

 地域団体商標制度は、2006年度に創設された。全国各地に根ざした特産品を、地域名と商品名を組み合わせて登録することで、ブランドとして確立する狙いがある。

 今年1月末時点で、621件が登録。兵庫県は、47都道府県で京都府に次いで多い37件で、淡路瓦、出石そば、神戸ビーフ、姫路おでんなどが含まれる。

 特許庁は同月、類似品などと区別するため、特産品に貼り付けるなどして登録の証しとするロゴマークを作製。「制度を保証するにはステータスと信頼性が必要」として、同月24日に長官名義で商標を出願し、4月20日に登録された。

 同庁によると、1884(明治17)~85(明治18)年に前身の「商標登録所」と「専売特許所」が設立されて以降、同庁が商標権を得たのは初めて。審査は通常の手続きで実施されたといい、担当者は「予断を排して適切に判断しており、異議申し立てなどもない」としている。(小川 晶)

総合の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 29℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ