総合総合sougou

  • 印刷
北朝鮮にいる拉致被害者への思いを語るBOROさん=神戸新聞社
拡大
北朝鮮にいる拉致被害者への思いを語るBOROさん=神戸新聞社

 ヒット曲「大阪で生まれた女」で知られる歌手のBOROさん(64)=神戸市北区=が、北朝鮮にいる日本人拉致被害者の帰国を願う新曲「春夏秋冬抱きしめて」を作った。15日に兵庫県民会館(同市中央区下山手通4)で催される北朝鮮向けラジオ放送の公開収録で披露。「日本にいる私たちの募る思いを届けたい」と語る。(松本寿美子)

 2002年に北朝鮮から初めて被害者が帰国し、関心を寄せてきたBOROさん。しかし歌にするのは、ためらったという。「ご家族はどう思われるか心情をおもんぱかっていた。でもそんな時間はない。彼らの命を救うため、皆で取り組まないといけない」と心境の変化を語る。

 新曲はアコースティックギターの弾き語りによるバラード。四季を通じて被害者を待ちわびる気持ちを歌う。

 相撲を見せてあげたいね…春を見に帰ってよ/高校野球を見せたいね…夏を見に帰ってよ/青く高くいわし雲…秋を見つけに帰ってよ/落ち葉を踏んで歩きましょう…冬の寒さつのります/あなたを抱きしめて

 収録するのは、政府による短波放送「ふるさとの風」と特定失踪者問題調査会による短波放送「しおかぜ」の共同制作番組「希望の光、届け海を越えて!」。当日は拉致被害者、有本恵子さんの父明弘さんも出演する。BOROさんは舞台で歌うほか、歌を入れたCD-Rを500円で販売し「しおかぜ」に寄付する。ダウンロード配信も予定している。

 BOROさんは「皆さんが笑顔で帰ってこられるよう、他のミュージシャンも行動するきっかけになってほしい」と呼び掛けている。公開収録は午後2~4時。入場無料。申し込み不要。内閣官房拉致問題対策本部事務局TEL03・3581・8898

総合の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 27℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ