総合 総合 sougou

  • 印刷
「ゴジラVR」を楽しむ男性=いずれも大阪市北区角田町
拡大
「ゴジラVR」を楽しむ男性=いずれも大阪市北区角田町
地上200メートルの高さを体験できるゲーム
拡大
地上200メートルの高さを体験できるゲーム

 仮想現実(VR)の技術を使ったゲームが楽しめる施設「VR ZONE OSAKA」が13日、大阪・梅田の商業ビル「HEP FIVE」内にオープンした。東京・新宿に続く2店目で、関西初進出となる。

 バンダイナムコアミューズメント(東京)が運営する。ビルの8、9階に入り、延べ床面積は約3600平方メートル。利用者は専用ゴーグルやヘッドホン、センサー付きグローブ、靴などを装着。1~4人単位で遊べるゲームなど14種類を用意した。

 新施設で初めて導入された「ゴジラVR」は、ヘリコプター部隊としてゴジラを攻撃する内容。「高所恐怖SHOW」は地面に置かれた幅約20センチ、長さ約2メートルの板の上を歩くが、VRで地上200メートルのビルに張り出した板を歩いているような体験ができる。プレー中は画面に応じて椅子などが動き、体に風や熱が当たるなど臨場感を味わえるよう工夫している。

 午前11時~午後10時半。ゲームは7歳以上(一部13歳以上、身長制限あり)から。入場料は大人800円、子ども200円。ゲームは各1200円で、入場券とセットになったチケットもある。(中務庸子)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ