総合 総合 sougou

  • 印刷

 兵庫県淡路市は13日、障害者雇用率を算定し兵庫労働局に報告する際、分母に含む対象の一部非常勤職員を算入しなかったため、法定雇用率2・5%に達していなかったと発表した。法定数を下回ったのは本年度のみで、あと1人の障害者雇用が必要という。

 同市は、分母の職員数を413人とし雇用率3・15%と計算していたが、実際は漏れていた人数を足した761・5人(月30時間未満勤務は0・5人計算)で同2・43%だった。

 規定では「同じ非常勤職員が1年を超えて勤務する場合、常時勤務する職員として分母に算入」としているが、同市は非常勤職員の任用期間を最長1年とし、継続時は新たな任用扱いとなるため対象外としていた。(内田世紀)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ