総合 総合 sougou

  • 印刷
淡路島カレーとプロレスラーの丸藤正道さんがコラボレーションした「不知火咖哩」=東京都目黒区
拡大
淡路島カレーとプロレスラーの丸藤正道さんがコラボレーションした「不知火咖哩」=東京都目黒区

 兵庫県淡路島特産のタマネギを使ったご当地カレー「淡路島カレー」が、人気プロレスラーの丸藤正道(なおみち)さん(38)とタッグを組んでレトルトパック「不知火(しらぬい)咖哩(カレー)」の販売を始めた。丸藤さんは「プロレスファンに淡路島を知ってもらい相乗効果を生み出せたら」と意気込んでいる。(今福寛子)

 淡路島カレーは、1人前にタマネギ1個を使い、甘さ、コク、辛さと3段階に変わる味わいが売り。東京の飲食店コンサルティング業「ビープラウド」とNPO法人「淡路島活性化推進委員会」(淡路市)が提携し、食材調達から加工まで島内で手掛ける。2011年に製造を開始し、ライセンス契約を結んだ全国の飲食店で提供されている。

 丸藤さんは新日本、全日本、ノアの3団体などで王座を獲得した実力派レスラー。地方でつくり、都会で売るというコンセプトとカレーの味に共鳴し、引退後のキャリアを考えて15年から淡路島カレーを販売する飲食店を東京都内で経営している。

 新規加盟時には生産地研修が義務づけられており、丸藤さんも島内のタマネギ生産者や工場を見学。「島の人たちがどんな思いでタマネギやルーをつくっているのか情熱が伝わってきた」と話す。

 「不知火」は丸藤さんの得意技の名前。パッケージには不知火を繰り出す丸藤さんの姿が印刷されている。通信販売のほか丸藤さんの試合会場でも販売。ビープラウドの大山淳社長は「カレーが売れてタマネギの出荷量が増えれば淡路島に還元できる」と期待している。1個850円。

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ