総合 総合 sougou

  • 印刷
台風21号による神戸港の被害状況を石井啓一国交相(左)に説明する岡口憲義・神戸市副市長=東京都千代田区霞が関2、国交省
拡大
台風21号による神戸港の被害状況を石井啓一国交相(左)に説明する岡口憲義・神戸市副市長=東京都千代田区霞が関2、国交省

 台風21号による被害の復旧に向け、神戸市、大阪市と港湾運営会社の阪神国際港湾は14日、東京・霞が関の国土交通省を訪れ、復旧事業への国の補助率を引き上げる激甚災害の指定や高潮対策などを求める緊急の要望書を石井啓一国交相に手渡した。

 激甚災害の指定による財政支援や、神戸港の輸送路のかさ上げ、排水用のポンプ場、側溝の整備など高潮に備えた浸水対策を求めた。また、阪神国際港湾が所有するガントリークレーンや、民間企業の倉庫の復旧対応なども盛り込んだ。石井国交相は「迅速な対応が重要。復旧に早期着手できるようにしたい」とした。要望後、神戸市の岡口憲義副市長は「激甚災害指定などの具体的な話はなかったが、被害の深刻さを受け止めてもらった」と述べた。

 日本港運協会も同日、阪神港の機能回復への支援などを石井国交相に要望した。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ