総合 総合 sougou

  • 印刷
会見で任期途中の辞職を表明した酒井隆明市長
拡大
会見で任期途中の辞職を表明した酒井隆明市長
会見で任期途中の辞職を表明した酒井隆明市長
拡大
会見で任期途中の辞職を表明した酒井隆明市長

 兵庫県篠山市の酒井隆明市長(63)は2日、同市北新町の市役所で会見し、任期途中で辞職して出直し市長選に立候補する意向を表明した。同市では「丹波篠山市」への市名変更について賛否を問う住民投票が実施される見通しとなっており、同じ日に出直し市長選を行うことで「信を問いたい。市民みんなで純粋に市名を考えてほしい」と述べた。

 市住民投票条例によると、住民投票は投票者の総数が有権者数の50%に満たなかった場合、開票されない。辞意を固めた理由について、酒井市長は「50%に達しないと、いつまでも市名変更問題が解決できず、市政も市民も混乱が続く」とし「市長選挙と同時に行うことで、多くの人に投票に行ってもらえる。私もすべてを懸けて問題にあたりたい」などと理解を求めた。

 今回の住民投票を巡っては、市民団体「市名の名付け親になろう会」が、直接請求に必要な有権者の5分の1に当たる7066人(9月1日現在)を大きく超える1万271人分の有効署名を集めている。署名簿は4日まで市役所で縦覧されているが、実施は確実な情勢となっている。

 市名変更に関して、同会は中立の立場を守っており、河南芳治事務局長は、政治問題へコメントする立場ではないとした上で「市長の発表には驚いた。予想外。単独で正々堂々と住民投票することを望んでいた。市長以外の対抗馬がなく、無投票になった場合、住民投票の投票率が低下することを心配している」とした。

 酒井市長は同市出身。中央大学卒業後に弁護士となり、1995年の兵庫県議選で初当選。3期目途中に行われた2007年の篠山市長選に立候補し、当選した。現在3期目。

 同市では任期満了に伴う市長選が来年2月に予定されており、酒井市長が出直し市長選で当選した場合、公職選挙法の規定により、2月に改めて市長選が行われる。(尾藤央一)

総合の最新
もっと見る

天気(4月5日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 50%

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 14℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ