総合 総合 sougou

  • 印刷
北野タダオさん
拡大
北野タダオさん

 関西を代表するビッグバンド「アロージャズオーケストラ(AJO)」の創設者でピアニストの北野タダオ(きたの・ただお、本名董郎=ただお)さんが3日午後3時55分、肺炎のため神戸市灘区の病院で死去した。84歳。姫路市出身。自宅は大阪市東住吉区。葬儀・告別式は関係者のみで済ませ、後日にお別れ会を開く。喪主は長男泰久(やすひさ)さん。

 中学時代から独学でピアノを始め、関西学院大在学中にトリオを組んで米軍キャンプなどで演奏した。1958年に大阪のナイトクラブの専属バンドとしてAJOを結成。71年の閉店後も、美空ひばりさんらの伴奏を務め、エラ・フィッツジェラルドやマレーネ・ディートリヒら海外の一流アーティストとも共演した。

 「音楽博士」の異名を取るほどジャズの知識は深く、小曽根真さんや松永貴志さんら国際的ピアニストを育成。2004年には尼崎市に活動拠点として「ライブスポットアロー」を開設した。

 バンド結成50周年の08年、神戸と大阪で開いた記念公演を最後に引退。パーキンソン病の闘病生活を送っていた。

 訃報を受け、小曽根さんは「北野さんなくして今の僕はない」と言い切り、「ジャズを心から愛し、身も心もささげた人。日本のジャズ界にたくさんの宝物を与えてくれた」としのんだ。

総合の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 90%

  • 12℃
  • -1℃
  • 90%

  • 12℃
  • 2℃
  • 90%

  • 10℃
  • 1℃
  • 80%

お知らせ