総合総合sougou

  • 印刷
日差しを受けて浮かび上がるススキ=兵庫県神河町川上
拡大
日差しを受けて浮かび上がるススキ=兵庫県神河町川上

 兵庫県神河町の砥峰(とのみね)高原で、西日本有数の規模といわれるススキの群生が見頃を迎えた。一面の穂波が風にそよぎ、秋の深まりを告げている。

 標高約800メートルの砥峰高原は、約90ヘクタールにわたりススキが広がる。村上春樹さん原作の映画「ノルウェイの森」などの撮影ロケ地に選ばれて有名になった。

 ススキのシーズンには例年約5万人が足を運び、草原の散策路をのんびりと巡る。太陽が傾く夕方には、穂の輝きが銀から金へと変わる絶景が楽しめる。

 京都市から訪れた男性(54)は「想像した以上のスケール。虫の音を聞きながらススキに囲まれて歩き、秋を満喫できた」と爽快な表情だった。

 見頃は11月上旬まで。とのみね自然交流館TEL0790・31・8100(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ