総合 総合 sougou

  • 印刷
臨時国会の展望を語る山口代表=神戸市中央区波止場町(撮影・大森 武)
拡大
臨時国会の展望を語る山口代表=神戸市中央区波止場町(撮影・大森 武)

 公明党の山口那津男代表は22日、神戸市内のホテルで開かれた会合で、24日招集の臨時国会に向けて「災害の復旧対策など国民の望む重要な課題を、優先順位を間違えないようにやり遂げていく」と述べた。

 臨時国会では、自民党が憲法9条への自衛隊明記など改憲の条文案を示し論議の活性化を目指す姿勢だが、山口代表は、補正予算案の重要性を強調。大阪府北部地震で問題となったブロック塀対策や、小中学校へのエアコン設置の予算を確保したと述べ「『与党のブレーキ役を』という意見もあるが、ブレーキをかけるためのみに与党にいる訳ではない。政権を安定させ、やるべきことをやり遂げていく」と強調した。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ