総合 総合 sougou

  • 印刷
JR西日本が新快速車両に導入する有料座席「Aシート」のイメージ(JR西日本提供)
拡大
JR西日本が新快速車両に導入する有料座席「Aシート」のイメージ(JR西日本提供)
JR西日本が導入する有料座席「Aシート」を示すロゴマーク(JR西日本提供)
拡大
JR西日本が導入する有料座席「Aシート」を示すロゴマーク(JR西日本提供)
JR西日本が新快速車両に導入する有料座席「Aシート」の内部イメージ(JR西日本提供)
拡大
JR西日本が新快速車両に導入する有料座席「Aシート」の内部イメージ(JR西日本提供)

 JR西日本は24日、2019年春からJR神戸線と京都線、琵琶湖線で新快速の一部に有料座席を設けると発表した。1日上下4本で、「Aシート」の名称で販売する。着席料金500円で利用できる。利用状況を見て、増便や線区拡大を検討する。

 約1億円をかけ、12両編成の既存車両の9号車を整備する。定員は46人。同社の在来線普通車として初めて全席にコンセントを設置するほか、リクライニング機能と収納式テーブルが付いた座席にする。無料Wi-Fiサービス、荷物用スペースも導入する。

 乗客が空席を選んで座り、乗務員から乗車整理券を購入する仕組み。現金と「ICOCA」などの交通系ICカードの支払いに対応する。インターネットなどでの事前予約はない。

 同社によると、「Aシート」の価格設定は30分以上の利用を想定したという。来島達夫社長は「シニア層や訪日外国人など、座って快適に移動したいというニーズは高い。通勤通学の時間帯に当てはまるかなど、ダイヤや運転区間は今後詰めたい」と話した。

 有料座席車両は首都圏で導入が先行。関西では京阪電気鉄道が17年8月から座席指定の特急車両「プレミアムカー」を運行している。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ