総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路市役所
拡大
姫路市役所

 兵庫県姫路市は26日、帰宅中に缶酎ハイを飲みながら車を運転し、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕された産業局の男性係長(53)を、同日付で懲戒免職処分にした。今年5月下旬以降、少なくとも計4回、同様の行為をしていたことが分かったという。

 市によると男性係長は9月19日夜、勤務後に飲酒しながら車で帰宅し、走行中の窓から空き缶を投げ捨てた。市の聞き取りに「帰るまで我慢できなかった」と話しているという。

 また、市は、酒に酔って他自治体の職員に全治3カ月の重傷を負わせた環境局の男性技師(35)を停職1カ月とした。今年7月18日夜、近隣自治体の職員と酒を飲んだ後、路上で暴行を加えた。相手の職員は鼻の骨を折り、警察に被害届を提出したという。

 さらに市は、部下の女性職員にセクハラ行為をした市長部局の男性係長(52)も、減給10分の1(6カ月)とした。今年7月に複数回、市役所で勤務中に女性職員の手を握ったり、無料通信アプリLINE(ライン)で性的言動を含むメッセージを送ったりしていた。市の聞き取りに「部下を励ますつもりだった」などと説明しているという。(井沢泰斗)

総合の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ