総合 総合 sougou

  • 印刷
リニューアルされた5000系車両の外観(山陽電気鉄道提供)
拡大
リニューアルされた5000系車両の外観(山陽電気鉄道提供)
シートにノジギクの模様が入り、明るく開放的な空間になった車内(山陽電気鉄道提供)
拡大
シートにノジギクの模様が入り、明るく開放的な空間になった車内(山陽電気鉄道提供)

 山陽電気鉄道(神戸市長田区)は、主に特急で使用している5000系車両の1編成6両をリニューアルした。30日から阪神梅田-山陽姫路間で導入する予定。車椅子やベビーカー用のスペースを拡充するほか、制御装置の効率化により電力消費量を削減できるという。

 同車両は1986年の製造開始から30年以上が経過しており、サービス向上が目的。外観は従来の赤色をさらに強調し、側面に赤い線を追加しているのが特徴だ。

 6両中4両にあったモーターを3両に減らし、制御装置の更新で使用電力を約25%削減した。照明装置も全てLEDに切り替えた。

 従来2カ所だった車椅子とベビーカー用スペースは6カ所。出入り口を分かりやすくするため、扉の開閉予告灯や扉チャイムも新設した。内装は最新車両の6000系にならった開放的な空間で、座席シートには兵庫県花ノジギクの模様を採用した。

 行き先や乗り換え案内を表示する扉上部の案内板は各車両に3カ所あり、英語や中国語、韓国語など4カ国5言語に対応する。

 同社は「年に1編成でもリニューアルできれば」とし、他に11編成ある5000系車両も順次更新を検討する。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ