総合 総合 sougou

  • 印刷
丘みどりさん
拡大
丘みどりさん

 「東京で暮らすようになっても播州弁は抜けないし、最近は抜けなくてもいいや、と貫いています」。周りがぱっと明るくなるような笑顔が印象的だ。気鋭の演歌歌手として昨年末にNHK紅白歌合戦に初出場し、最近はバラエティーや映画にも活躍の場を広げている。

 兵庫県姫路市安富町生まれ。5歳から民謡教室に通い、小学5年生で兵庫県日本民謡祭に出場、史上最年少で県名人に。「民謡の天才少女」と呼ばれ、山崎高校(宍粟市)に進んだ後も民謡の勉強を重ねた。2016年に東京へ。「かっこつけても仕方ない。捨て身で勝負するつもりでした」と振り返る。

 同年6月にひめじ観光大使(現・姫路ふるさと大使)、今年1月には宍粟観光大使になった。まさに播磨全体のPR役を担う。「売れないときからポスターを貼ってくださったり、CDを買ってくださったり。『地元の子なんやで』と宣伝も。恩返ししたいという気持ちはずっとあります」

 今年は宍粟市山崎町での単独コンサート開催や姫路お城まつりへの参加など故郷で歌う機会が増えた。「人の優しさ、自然の良さ、お祭り…。住んでるときは分からなかったことがありがたく感じます」。離れている分、故郷を思う気持ちは強い。

 3月に発売した「鳰(にお)の湖(うみ)」は売り上げを伸ばし、出荷枚数7万枚を達成。2年連続の紅白出場へ期待は高まるが、「やれることはやっているので後は待つだけ」とほほ笑む。「いつか播磨の歌を大舞台で歌いたい」。東京在住。34歳。(伊田雄馬)

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ