総合 総合 sougou

  • 印刷

 神戸市の久元喜造市長は8日の定例会見で、2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった場合に「万博会場と(神戸を)海路で直接結ぶことができないか、早急に具体策を詰めたい」と述べ、海上輸送ルートを設ける構想を明らかにした。

 開催地は23日に決定。ロシアやアゼルバイジャンと争っており「大阪、関西で万博が開かれることを大変期待している。ぜひそうなってほしい」と話した。

 会場予定地の大阪市の人工島「夢洲(ゆめしま)」と、「至近距離にある」と久元市長が挙げるポートアイランドや神戸空港は、直線距離で約12キロ。一般的な旅客船なら所要時間は20分ほどとみられる。185日の開催期間に約2800万人の入場が見込まれ、久元市長は「神戸から会場へ行き、会場からも神戸に来てもらう」と意義を強調した。(長尾亮太)

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ