総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 公益財団法人「あすのば」(東京都)が昨年実施した入学・新生活応援給付金受給者アンケート(親子計1500人以上が回答)では、子どもの「隠れた貧困」が浮き彫りになった。

 回答した受給者の約9割が年収300万円未満の家庭で、約半数は家庭で貯金がなかった。「我慢してきたこと」という質問に、子どもの約半数が「洋服や靴、おしゃれ用品」と回答。親の約7割が「塾・習い事」を我慢させたという。「夕食がインスタント食品、ファストフード」という子どもも2割近くいた。

 就学援助制度の利用経験があるのは65%にとどまり、「制度自体を知らなかった」という親も17%いた。

 同法人代表理事の小河光治さんは「行政には、子ども食堂を入り口に親の支援も視野に入れた対応を期待したい」と話す。

総合の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 4℃
  • 10%

  • 5℃
  • 1℃
  • 50%

  • 9℃
  • 5℃
  • 10%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ