総合 総合 sougou

  • 印刷
一般向けの鍵盤ハーモニカ(鈴木楽器製作所提供)
拡大
一般向けの鍵盤ハーモニカ(鈴木楽器製作所提供)
歴代の鍵盤ハーモニカが並ぶ鈴木楽器製作所社内のショーケース(鈴木楽器製作所提供)
拡大
歴代の鍵盤ハーモニカが並ぶ鈴木楽器製作所社内のショーケース(鈴木楽器製作所提供)
大人向け「木製鍵盤ハーモニカアルト」(鈴木楽器製作所提供)
拡大
大人向け「木製鍵盤ハーモニカアルト」(鈴木楽器製作所提供)

 「ケンハの宿題やりなさいよ」「おやつ食べてからやる」

 ごろごろする小学1年生のわが子にお小言のお母さん。友人宅での出来事ですが、「ケンハ」の意味がわかりません。

 「大人なのに知らんの?」

 呆れ顔の女児が持ってきたのは鍵盤ハーモニカ。なるほど略すと「鍵ハ」です。

◇第2のマック、マクド問題?

 鍵盤ハーモニカの略称を調べると、ケンハ以外に「ケンハモ」という呼び名も浮上しました。もしかしたら、これは楽器界のマックVSマクド問題ではないのか。妄想に近い仮説を、日本で初めて鍵盤ハーモニカを製造販売したという鈴木楽器製作所(静岡県浜松市)の営業本部多田和修さんにぶつけました。

 「…実は私も気になっていました」

 多田さんは全国出張や転勤を重ねるうち、鍵盤ハーモニカの呼称が地域で異なることに気付いたそうです。

 鍵盤ハーモニカの呼び方について、同社が北海道から熊本までの10営業所81人にアンケートしたところ、ケンハモ37、鍵盤ハーモニカ23、商品名(メロディオンなど)10、ケンハ7、けんばん4との結果に。

 81人中関西出身者は8人で、うち7人がケンハと回答しました。ちなみにマクドナルドの呼び名も尋ねたところ、マック63人、マクド12人、その他6。マクドと答えた12人のうち8人が関西出身、残る4人も関西での生活歴がありました。

 神戸の小学生数人に聞いただけでも「ケンハモって何?」とキョトン。「学校の先生はケンハって言うし、黒板にも書くで」とのことでした。

 「マクドと同様に、少なくとも関西ではケンハが優勢」-サンプル数が限られますが、こんな仮説は強引でしょうか。

◇ケンハモの由来は 

 子ども向けと思われていた鍵盤ハーモニカ。有名ミュージシャンの東京スカパラダイスオーケストラや椎名林檎さんがライブなどで演奏したことがきっかけとなり、大人も目を向け始めました。2000年頃、鍵盤数を37に増やした大人向けモデルを発売。08年には44鍵盤のアンプにつなげるエレアコモデルが発売され、ユーザーは増加の一途。前後して「ケンハモ」という略称が生まれ、授業でも先生が使うように。これが児童にも浸透したのでは、と多田さんは推測します。

 ここまで読んで、しっくりこない方がいらっしゃったと思います。「ピアニカがあるじゃないか!」と。取材中、ピアニカという言葉は絶滅してしまったのかと思っていたら、それは筆者の勘違いでした。ピアニカはヤマハと東海楽器(ともに静岡県浜松市)の登録商標。今もしっかり健在です。

 余談ですが、ピアニカのように登録商標が一般名称として浸透している商品は少なくありません。登録商標と一般名称の例を紹介します(カッコ内は一般名称)。

 カラーコーン(コーン標識、パイロン)/セロテープ(セロハンテープ)/テトラポット(消波ブロック)/バンドエイド(ばんそうこう)/ホッチキス(ステープラー)/UFOキャッチャー(クレーンゲーム機)

◇ケンハの次は 

 小1生のケンハの宿題に終わりが見えてきた頃、「ケイドとカンドもやりなさいよ」とキッチンのお母さん。 

 「計算ドリルと漢字ドリルのことだよ」としたり顔の女児。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをユニバに短縮してしまう関西人。普段使う言葉でもサイゼ、ロイホ、ミスド、ケンタ…。やっぱり3文字略語って便利ですよね! (ネクスト編集部 金井かおる)

【鍵盤ハーモニカ】起源は1959年のドイツ。ハーモニカやアコーディオン、シンフォニアムなどの楽器から派生したホーナー社の「メロディカ」が原型と言われる。日本では61年に鈴木楽器製作所が「メロディオン」を発売。ボタン式から鍵盤式に変化し、00年には大人向けモデルを発売。

総合の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ