総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸電鉄(神戸市兵庫区)は28日、開業90年を迎えた。前身の神戸有馬電気鉄道が有馬線湊川-有馬温泉間で営業運転を開始して以降、総延長は69・6キロに延び、沿線4市の住民の貴重な足となった。28日は早朝から同社幹部らが全46駅に立ち、利用者に感謝の思いを伝えた。

 同社は1928年11月28日に開業。同年12月に三田線、52年4月に粟生線、96年3月には公園都市線も全線開通した。現在、1日平均約16万人が利用する。

 節目の今年は、かつて走っていた車両の塗装を再現した2種類の「メモリアルトレイン」を運行。25日には昭和初期に旧有馬郡の行商人が農作物を運んだ「勧業列車」を1日限定で復活させた。

 28日の通勤ラッシュ時には各駅の改札近くで、通勤・通学客らに声を掛け、ティッシュを配る社員の姿が見られた。鈴蘭台駅では記念入場券など限定グッズ販売会もあり、多くのファンでにぎわった。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ