総合 総合 sougou

  • 印刷
大半の葉が落ち、黄葉などが観測できなくなったイチョウの標本木=神戸市中央区脇浜海岸通1
拡大
大半の葉が落ち、黄葉などが観測できなくなったイチョウの標本木=神戸市中央区脇浜海岸通1

 神戸地方気象台(神戸市中央区脇浜海岸通1)が今年、黄葉や落葉の時期を観測できなかったことが分かった。イチョウの「標本木」に付いている葉の大半が色づく前に散ってしまい、観測不能になった。1975年の観測開始以来2度目の「欠測」となった。同気象台は、今年の度重なる台風接近による塩害被害とみている。

 標本木は、サクラやウメの開花などを調べる「生物季節観測」のために各気象台が選定している。神戸地方気象台は18種の標本木で調査しており、サクラを除く17種が敷地内にある。

 イチョウは標本木に加えて4本の副標本木で、発芽、黄葉、落葉の時期を観測する。平年は11月14日に黄葉し、同25日に落葉するが、今年は8割以上の葉が10月下旬に散ってしまった。副標本木も同様で、今年の黄葉と落葉の時期は「欠測」となった。

 同気象台は神戸の沿岸部・HAT神戸に位置し、浜風の影響を大きく受ける。今年は台風が相次いで兵庫県に上陸するなどし、同気象台の部田安富さん(59)は「海水の塩分を含んだ暴風雨の影響で枯れてしまったのかもしれない」と推測する。

 同気象台によると、台風が多く襲来した2004年もイチョウの黄葉や落葉は「欠測」となったが、翌05年は通常通り観測できた。部田さんは「来春には無事発芽してくれるのを祈っています」と話した。(斉藤絵美)

総合の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ