総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市・久元喜造市長
拡大
神戸市・久元喜造市長

 神戸市の労働組合のヤミ専従問題で、久元喜造市長は3日、神戸市会の決算特別委員会で、自身の責任ついて問われ「長年放置されてきたのを見過ごしてきた私にも大きな責任がある」と認め、処分などの対応は「(弁護士による)第三者委員会の最終報告が年内にも出てくる。報告を待って厳正に対処する」と述べた。

 ヤミ専従を巡っては、市側も容認していたことが明らかになっており、不適切な労使関係が長年続いてきたとみられている。不正の認識について久元市長は「職員出身ではなく、職場の実態は把握していなかった。(ヤミ専従をしていた職員の)上司は知っていたと思うが、報告がなかった。その責任も感じている」と従来の説明を繰り返した。

 市議から「市民の信頼を裏切り続けてきた」との指摘もあり「順法意識を持たないといけない幹部職員が違法行為に手を貸してきた」と市側の不適切な対応について言及した。(若林幹夫)

総合の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ