総合 総合 sougou

  • 印刷
金足農業高校野球部から有馬高校に届いたサイン色紙=三田市天神2
拡大
金足農業高校野球部から有馬高校に届いたサイン色紙=三田市天神2
有馬高校に届いた金足農業高校野球部のサイン入り色紙=三田市天神2
拡大
有馬高校に届いた金足農業高校野球部のサイン入り色紙=三田市天神2

 今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会で、準優勝した金足農業高校(秋田)の応援に駆け付けた兵庫県立有馬高校(三田市天神2)に、ドラフト1位で日本ハム入りした吉田輝星投手らナインのサイン色紙が届いた。エールを送った吹奏楽部員は「互いの距離は遠いけれど強い絆を感じる」と喜んでいる。

 金足農業の吹奏楽部は部員25人。大人数で甲子園のアルプス席を盛り上げたいと、農業を学ぶ「人と自然科」があり、11年前も応援を受けた有馬高校吹奏楽部に協力を依頼した。

 有馬高校吹奏楽部は約40人。合同練習は初戦前の1回きりだったが、「甲子園は夢の舞台。選手を励ましたい気持ちで全力投球した」と副部長で2年の松山桃子さん(17)。金足農業は吉田投手らの活躍で快進撃を続け、決勝まで全6試合、アルプス席から勝利を願って演奏した。

 色紙は4枚。吉田投手のほか、準々決勝の近江(滋賀)戦で劇的な逆転2ランスクイズで本塁に滑り込んだ菊地彪吾選手ら3年生が名前を連ねた。プロ野球ドラフト会議のあった10月25日、久しぶりに全員が集まり、色紙に書いたという。

 色紙は有馬高校の正面玄関などに展示。部長で2年の上野光一さん(17)は「金足農業の頑張りが、僕たちの励みになっている。甲子園に戻ってくるのを楽しみにしている」と話す。(門田晋一)

総合の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ