総合 総合 sougou

  • 印刷
東播磨県民局が制作した「東播磨ちゃん」が主人公のPR動画(東播磨県民局提供)
拡大
東播磨県民局が制作した「東播磨ちゃん」が主人公のPR動画(東播磨県民局提供)

 兵庫県東播磨県民局が制作し、架空のアイドル「東播磨ちゃん」が出演したPR動画が、地方発の優れたCMやPR動画を表彰する「ぐろ~かるCM大賞2018」の特別賞「ポジティブ自虐賞」に選ばれた。東播磨地域を売れないアイドルに見立て、ポジティブでユーモラスに「自虐」を表現することで話題性を獲得したと評価された。

 ぐろ~かるCM大賞は、CMコンサルティング会社テムズ(東京)が運営するウェブサイト「ぐろ~かるCM研究所」が毎年選定。同サイトは地方限定CMやご当地PR動画を網羅し、昨年12月~今年11月に公表された128候補から、大賞2作品、特別賞5作品を選んだ。12日に東京で表彰式がある。

 受賞した東播磨の映像は、架空のアイドル「Team HYOGO(チームひょうご)」のメンバー「東播磨ちゃん」の成長物語。同研究所の鷹野義昭所長は「地域を自虐的に表現する大胆な手法だが、その謙虚さが日本人の国民性にマッチした。テレビ番組でも取り上げられ、拡散力があった」と評価した。

 大賞作品の一つは、鹿児島市。鹿児島実業高校の男子新体操部が西郷どん(西郷隆盛)にふんして市内各地で踊る映像を制作した。(広岡磨璃)

総合の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ