総合 総合 sougou

  • 印刷
「泥憲和全集」を手に「泥さんの思いが詰まっている」と話す、かもがわ出版の松竹伸幸編集主幹=神戸市内
拡大
「泥憲和全集」を手に「泥さんの思いが詰まっている」と話す、かもがわ出版の松竹伸幸編集主幹=神戸市内

 憲法や沖縄、格差問題など幅広い分野で声を上げ続けた兵庫県姫路市の元自衛官で、2017年5月に63歳で亡くなった泥憲和さんを特集した書籍「泥憲和全集 『行動する思想』の記録」がこのほど、出版された。泥さんの遺志を受け継ごうと、親交のあった有志らが企画した。

 泥さんは姫路市内の中学を卒業後、陸上自衛隊の少年工科学校(現高等工科学校)に入校。青森県の高射特科部隊に配属され、1975年に除隊した。その後、同市内の法律事務所に勤めながら「憲法を守るはりま集会」の事務局を担い、各地の平和活動などに参加してきた。

 全集は、泥さんが亡くなるまでの約10年間、ツイッターなどで公開してきた文章を、安全保障やヘイトスピーチ問題などのテーマ別に構成、編集した。憲法学者の樋口陽一さんや元内閣官房副長官補の柳沢協二さんら10人が「泥さんと私」をテーマに執筆したコラムも掲載している。

 全集作りの責任者を務めた岡林信一さん(47)=神戸市=は「全集に収録しきれなかった文章も多く、それらの公開に向けた作業を続け、多面的な泥憲和像を後世に残したい」と話した。

 A5判、1024ページ。5400円。かもがわ出版TEL075・432・2868

(段 貴則)

総合の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ