総合 総合 sougou

  • 印刷
協定書を交わした石見利勝市長(左)と長坂悦敬学長=姫路市役所
拡大
協定書を交わした石見利勝市長(左)と長坂悦敬学長=姫路市役所

 兵庫県姫路市と甲南大(神戸市東灘区)は19日、市の魅力発信や地域課題の解決、人材交流などで協力する連携協定を結んだ。

 両者はこれまで、神戸新聞社と共に若者のタウンミーティング「ひめじ創生カフェ」や安富北地区の活性化を考える「がんばる地域応援事業」などに取り組んできた。個別の事業に加え、今回の協定は包括的な連携体制を強化する狙いがある。

 市役所であった締結式で、石見利勝市長は「大学の知的資源を活用させていただけるのはありがたい」と話し、長坂悦敬学長は「姫路には卒業生も多い。学生が地元について学び、地域の課題解決にも貢献する機会になれば」と期待した。

 連携のテーマは地域の魅力創出やスポーツ、文化、産業の振興など。来年度は同市の「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」の発信強化などで協力するという。(井沢泰斗)

総合の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ