総合 総合 sougou

  • 印刷
ハリマ農協が運営者を募集しているサンパティオ図書館=宍粟市一宮町福野
拡大
ハリマ農協が運営者を募集しているサンパティオ図書館=宍粟市一宮町福野

 全国的に珍しい農協開設の公共図書館「サンパティオ図書館」(宍粟市一宮町福野)が閉館の危機にひんしている。運営するハリマ農協(同市)の収益が悪化し、人口減で利用も落ち込んだことから、10月から休館中。地域で唯一の図書館で、同農協は新たな運営者を来年1月末まで募集するが、見つからない場合は閉館する。

 1997年、宍粟市北部を管内とする同農協が地域貢献事業として、図書館のなかった一宮町北部に開館した。木造平屋の約150平方メートルで、一般書2万8千冊、児童書1万800冊を所蔵。司書を置き、無料で貸し出ししていた。

 日本図書館協会(東京)によると、企業や団体が開設する専門図書館は各地にあるが、住民は借りられない場合が多い。農協が公共図書館を開設した例について「全国的にも珍しいのではないか」とする。

 開館時の選書や設計に関わった元兵庫県太子町立図書館長の小寺啓章さん(72)は「当時の農協組合長が熱心で、今では手に入らない貴重な本をたくさんそろえた。児童書は特に充実していた」と振り返る。

 当初は年間約2万冊の貸し出しがあったが、人口減で利用が減った。昨年9月からは週5日の午後のみ開館するようになり、本年度の利用者は1日平均6人まで落ち込んだ。

 一方、運営には人件費などで年間約300万円かかる。同農協は日銀の低金利政策による収益悪化で経営効率化を進めており、継続は難しいと判断した。

 休館が決まり、地元で絵本の読み聞かせ活動をするグループが運営の継承を申し出たが、電気代などの経費負担が大きく、断念。メンバーの女性(62)は「図書館は子育てや文化の中心施設で、地域に必要。新たな運営者が出てきてくれたら全力で支えたい」と存続に期待をかける。

 同農協によると、喫茶スペースを設けるなどの改修は可能で、新たな運営者がそうした収入で図書館を維持していく方法もあるという。ハリマ農協TEL0790・72・1234

(古根川淳也)

総合の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 60%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ