総合 総合 sougou

  • 印刷

 建材メーカーのノザワ(神戸市中央区)は8日、建物の外壁に使われるセメント板の一部で、曲げに対する強度が自社の基準値を満たしていなかったと発表した。国内のオフィスビルなど63件で使われているという。

 同社によると、対象製品は昨年8月1日~9月8日に埼玉県の工場で製造した89センチ幅のセメント板。納入先の現場で施工中に破損したため検査したところ、強度不足が判明した。生産設備の不具合が原因という。

 セメント板は国の耐火構造認定を受けているが、対象製品は認定に適合していなかった。同社は「耐火性能に影響するものではない」とするが、顧客の意向を踏まえて交換などに応じるという。

 同社「お客様サポートセンター」フリーダイヤル0120・952774(平日午前9時半~午後5時半)

(大島光貴)

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ