総合 総合 sougou

  • 印刷
堂徳山の山麓に浮かび上がった「1・17」=10日夜(撮影・後藤亮平)
拡大
堂徳山の山麓に浮かび上がった「1・17」=10日夜(撮影・後藤亮平)

 17日で阪神・淡路大震災から24年となるのを前に、六甲山系の山麓電飾に10日の日没後、地震発生の日付「1・17」が点灯した。震災の記憶の継承・発信を目的に、神戸市が今年初めて採用。17日夜まで続ける。点灯時間は日没から午後11時だが、16日に限っては翌17日の夜明けまでともし、発生時刻の午前5時46分にも山肌を光らせる。

 神戸市中央区の東遊園地で追悼行事を開く「1・17のつどい」実行委員会の要望などで実現した。

 通常の電飾は、市章(市章山)▽いかり(錨山)▽北前船の絵2種類と「KOBE」の文字を20分おきに表示(堂徳山)-の3種類。期間中は堂徳山で北前船の絵を消し、常に「KOBE」の下に「1・17」がともるようにしている。

 17日は午前7時ごろまで点灯する。(上杉順子)

総合の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

  • 12℃
  • -1℃
  • 40%

  • 12℃
  • 2℃
  • 0%

  • 12℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ