総合 総合 sougou

  • 印刷
中川暢三氏
拡大
中川暢三氏

 任期満了に伴う1月27日告示、2月3日投開票の兵庫県小野市長選で、元加西市長の中川暢三氏(63)が11日、立候補を表明した。小野市役所で記者会見した中川氏は「現職はハード整備の古い政策を続けており、無投票の多選は避けるべきだ。当選すれば隣接する加西市や三木市などと合併し、北播磨市を目指す」などと語った。

 中川氏は、小野市と隣接する加西市の出身。大手ゼネコン勤務を経て、2005年から加西市長を2期6年務めた。12年からは1年半、公募で採用されて大阪市北区長に就いた。兵庫県内では17年の県知事選と神戸市長選、18年の西宮市長選に立候補して落選。02年の長野県知事選や03、15年の大阪市長選、16年の東京都知事選でも落選した。

 小野市長選にはこれまでに、現職の蓬●務氏(72)が6選を目指して立候補を表明している。(笠原次郎)

(注)●は「莱」の「来」が「來」

総合の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ