総合 総合 sougou

  • 印刷
西宮市役所=西宮市六湛寺町
拡大
西宮市役所=西宮市六湛寺町
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県と西宮市は11日、県立西宮病院と同市立中央病院の統合再編に関する基本協定書案がまとまったと発表した。経営形態は県営とし、新病院をアサヒビール西宮工場跡地(同市津門大塚町)に建設する。21日に協定書の締結式を行う予定で、今後整備に向けた基本計画を策定し、早ければ2025年にも開院する見通し。県立病院と市町立病院の統合は県内初となる。

 協定書案では、新病院の規模について、現在の2病院の稼働病床数(県立西宮病院400床、市立中央病院193床)を合わせた593床を基本にするとした。診療機能などについては両病院のサービスを維持・充実させるとしている。

 運営は県が担うが、市も建物の整備費と運営費の一部(いずれも県の2分の1、国の交付税措置分などを除く)を負担する。新病院への市職員派遣や運営協議会の設置など、市が経営に関与できるようにする仕組みも盛り込まれた。

 約2・6ヘクタールの建設用地は、県が起債して市の公社から買い取る。ただ4割は国の交付税措置を見込み、残り6割は市が支出するため、県の実質負担はないという。将来病院を利用しなくなった場合は、土地の用途を市に委ねることが追記された。また、運営費などの負担割合は「医療環境が大きく変化した場合は適時協議の場を設ける」とした。

 両病院の統合は1975年に建てられた市立中央病院の老朽化などから西宮市側が要望していた。(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(1月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ