総合 総合 sougou

  • 印刷
2日間で約1万3千人が来場した御食国・和食の祭典=2017年11月、洲本市文化体育館
拡大
2日間で約1万3千人が来場した御食国・和食の祭典=2017年11月、洲本市文化体育館

 2017年秋に淡路島で初開催され好評だった食のイベント「御食国(みけつくに)・和食の祭典」が3月2、3日の2日間、「京都・和食の祭典」とのコラボレーションイベント「『御食国×京都』和食の祭典」として京都市内で開催される。兵庫県などの主催関係者は「外国人観光客が多い京都で『御食国』ブランドを国内外に発信する機会に」と意気込む。

 御食国・和食の祭典は、古代朝廷に食材を納めていた「御食国」(淡路・若狭・志摩)と、その食材を使って和食文化を発展させてきた京都が連携するPRイベント。兵庫、福井、三重、京都の関係4府県が一丸となって御食国ブランドを売り出していこうと、2017年11月に洲本市で初開催した。2日間の会期で約1万3千人を集客。第2回は京都で開催するとして準備を進めてきた。

 今回は、京都市下京区の西本願寺北境内地と伝道院を会場に、食と酒類の販売、トークイベント、和食・和菓子作り体験などで構成。詳細は後日発表する。両日とも午前10時~午後4時。入場無料、事前申し込み不要。実行委員会(事務局・京都府)TEL075・414・4854

 関連イベントとして、JR京都駅周辺の8ホテル(リーガロイヤルホテル京都▽京都新阪急ホテル▽京都センチュリーホテル▽京都タワーホテル▽京都東急ホテル▽新・都ホテル▽ホテルグランヴィア京都▽ホテル京阪京都グランデ)で御食国の食材を使ったレストランフェアがある。1月11日~3月31日。

(西井由比子)

総合の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

  • 12℃
  • -1℃
  • 40%

  • 12℃
  • 2℃
  • 0%

  • 12℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ