総合 総合 sougou

  • 印刷
武庫川の川底から噴き出している気泡=宝塚市湯本町(撮影・風斗雅博)
拡大
武庫川の川底から噴き出している気泡=宝塚市湯本町(撮影・風斗雅博)
郷土史家の鈴木博さんが入手したはがき。橋のたもとに、「天然たんさん水 この下にあり」と記された石碑が写っている
拡大
郷土史家の鈴木博さんが入手したはがき。橋のたもとに、「天然たんさん水 この下にあり」と記された石碑が写っている
復元を予定する石碑の建立予定地を指さす「ホテル若水」の小早川優社長(右端)=宝塚市湯本町
拡大
復元を予定する石碑の建立予定地を指さす「ホテル若水」の小早川優社長(右端)=宝塚市湯本町
ジョン・クリフォード・ウィルキンソン
拡大
ジョン・クリフォード・ウィルキンソン

 阪急宝塚駅近くの武庫川右岸で、川の底からプクプク、プクプク…。地元で今、「炭酸が湧いている」と話題になっている。兵庫県宝塚市といえば、炭酸水の代表格「ウィルキンソン タンサン」発祥の地。時代をさかのぼると、かつてこの辺りに「天然たんさん水 この下にあり」と刻まれた石碑があったといい、碑の復活プランが動きだした。近年の炭酸水人気を受け、宝塚と炭酸水の深い関係が脚光を浴びている。(中島摩子)

 武庫川沿いに立つ「ホテル若水」の男性従業員が、気泡に気付いたのは約2年前。当時はわずかだったが、昨年6月の大阪府北部地震後に活発になったという。現在は宝来橋の下、10カ所程度から定期的に気泡が上がっている。

 これを知り、動きだしたのが宝塚温泉の歴史に詳しいホテル若水社長の小早川優さん(53)。小早川さんによると、武庫川右岸に「宝塚温泉場」ができたのは1887(明治20)年。傍らには炭酸泉があったとみられるという。

 小早川さんは、交流がある同市の郷土史家鈴木博さん(65)が海外のネットオークションサイトで入手したはがきに注目した。鈴木さんが「明治末期から大正のもの。宝塚を訪れた外国人が持ち帰った写真だろう」とみるはがきには「The Ho-rai Buridge Takarazuka(寶塚蓬來橋)」と記され、橋のたもとに石碑が写っていた。

 石碑は今はない。ただ、小早川さんの記憶では、宝来橋の架け替え工事があった1990年代前半までは、炭酸泉とほこらが残っていた。阪神・淡路大震災で温泉街の景観は一変。マンション開発が進み、炭酸泉の存在を知らない人がほとんどになった。

 そんな中、川の底から気泡が浮かび上がってきた。同市国際観光協会長も務める小早川さんは、はがきの石碑と同じものを復元し、観光資源にする計画だ。相談を受けた同市産業文化部の担当者も「まちの誇りを再認識するきっかけになる」と期待を寄せる。

     ◇

 そもそも、炭酸水と宝塚市の関係に光が当たったのは2017年のこと。食に関する調査研究をする「ぐるなび総研」が発表した「今年の一皿」で、準大賞に「強炭酸ドリンク」が選ばれた。授賞式には「ウィルキンソン タンサン」発祥の地の代表として、小早川さんが招かれた。

 ウィルキンソン創業者の英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンは1889(明治22)年ごろ、宝塚で狩猟中に炭酸泉を発見したとされる。温泉場の近くに炭酸水の瓶詰め工場を設け、翌90年から販売を始めた。輸出に積極的で、宝塚に高級ホテル「タンサンホテル」を開業、海外の取引先をもてなしたという。

 「宝塚の水の素晴らしさを国内外に広め、約130年前にインバウンド(訪日外国人客)の誘致に取り組んでいた。知れば知るほどすごい」と小早川さん。ウィルキンソンと宝塚、炭酸の縁を多くの人に知ってもらうべく戦略を練る。

総合の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ