総合 総合 sougou

  • 印刷
感染拡大防止に向けて開かれた警戒本部の初会合=兵庫県庁
拡大
感染拡大防止に向けて開かれた警戒本部の初会合=兵庫県庁

 大阪府と滋賀県の養豚場での豚コレラ感染確認を受け、兵庫県は6日、警戒本部を設置し、初会合を開いた。県内への感染を食い止めようと、豚やイノシシを飼育する養豚場や動物園での対策徹底を進めることなどを確認した。

 県によると、県内では神戸や姫路市など養豚場26戸で豚約2万400頭を飼育。動物園や研究施設など15施設でも豚やイノシシが少数ずつ飼われている。

 6日午後の時点では、いずれの施設からも異常の報告はないという。感染が判明した5府県から県内の養豚場への入荷はなかった。

 県は、岐阜市の養豚場で昨年9月に感染が確認されて以降、各施設に衛生管理の徹底などを求めてきた。市町や県猟友会にも、山中でイノシシの死骸を発見した際に通報するよう要請。これまで4件の報告があったが全て陰性だった。

 県内では1989年に兵庫県上月町(現佐用町)で発生して以来、豚コレラの感染は確認されていない。(山路 進)

総合の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ