総合 総合 sougou

  • 印刷
極細に伸ばされ、乾燥される手延べそうめん=兵庫県太子町蓮常寺、太子製麺
拡大
極細に伸ばされ、乾燥される手延べそうめん=兵庫県太子町蓮常寺、太子製麺

 手延べそうめん出荷日本一を誇る兵庫県の西播磨地域で、厳寒期に限られる極細のそうめん作りが最盛期を迎えている。工場では、上下に伸ばして乾燥される麺が純白の絹糸のように揺れる。

 播磨地域では江戸期にそうめん作りが本格化。「揖保乃糸」で知られる兵庫県手延素麺協同組合(井上猛理事長)は、姫路市やたつの市など3市2町の約430業者が生産する。

 主な商品は10~4月に製造されるが、ひときわ細い「特級品」は、熟練した技術を持つ工場で12月からの3カ月間に生産される。

 特級品を作る太子町の「太子製麺」では、熟成させたひも状の生地を約0・7ミリまで細く伸ばして乾燥させる「門干し」の作業に追われる。矢野雅慎社長(50)は「今季は気温や湿度が適した日が多く、自信の出来栄えです」と太鼓判を押す。(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 11℃
  • 3℃
  • 0%

  • 12℃
  • -2℃
  • 0%

  • 12℃
  • 2℃
  • 0%

  • 13℃
  • 1℃
  • 0%

お知らせ