総合 総合 sougou

  • 印刷
矢田立郎前市長
拡大
矢田立郎前市長

 神戸市の労働組合のヤミ専従問題で、市が関係職員ら189人の処分を発表したことを受け、矢田立郎前市長が7日、神戸新聞の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

(若林幹夫、霍見真一郎、撮影・大山伸一郎、後藤亮平)

 -最終報告書で「ヤミ専従の認識なし」とされた。

 「ヤミ専従はないと報告を受けていたが、実際に職場に行って確認しなかったのは自分の落ち度だと説明した」

 -いつ知ったか。

 「第三者委員会ができて、神戸市会で議論になったころから。聞いていた話と違うので『えっ?』という感じだった」

 -阪神・淡路大震災による財政危機で、人員削減に組合の協力を求めたか。

 「危機的状況で財政再建団体にならないために人員削減と給与カットを徹底しないといけない。とにかく協力してと言った」

 -市長選で支持を受けたことに対する恩返しは。

 「一切ない。支持は市政を託せるか、政策が実現できるかで判断されるからだ」

 -元部下たちが処分された。

 「市長時代の副市長や局長もいる。素質があったから上がってきた人たち。処分を受けたことは残念」

 -久元市長の減給30%(3カ月)と同等額を自主返納する。自身の責任は。

 「監督責任がある。これだけ処分されているから匹敵する対応をしないといけないと考えた」

 -引き続き(現在務める公職の)職責を果たすのか。

 「一定の限度を持って自分で判断する。今回の件とは若干別になる」

総合の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ