総合 総合 sougou

  • 印刷
樽谷彰人県議
拡大
樽谷彰人県議

 妻を殴ったとして逮捕=不起訴=されるなどし、兵庫県議会議長から辞職勧告を受けた樽谷彰人県議(44)=無所属、明石市選出=が8日、勧告には応じずに任期満了まで辞職しない意向を、神戸新聞社の取材に明らかにした。一方で樽谷県議は「一連の騒動の責任を取る」として、4月の統一地方選である県議選の立候補は見送る考えを示した。

 樽谷県議は明石市議を経て、2015年4月に初当選し、現在1期目。昨年12月16日夜、明石市小久保の自宅で妻の顔を殴ったとして、傷害容疑で明石署に現行犯逮捕された。翌17日に釈放され、今年1月、同署が暴行容疑で書類送検。神戸地検明石支部が2月7日、不起訴処分とした。

 樽谷県議は過去にも国民健康保険料を滞納するなどしており、県議会は昨年12月、全会派一致で辞職勧告を出した。

 樽谷県議は、勧告に応じない理由を「勧告を軽視しているわけではないが、新年度の予算審議を控え、任期中の責任を果たしたい」と説明。一連の不祥事については「世間を騒がせた責任を痛感している」とした。(小西隆久、藤井伸哉)

総合の最新