総合 総合 sougou

  • 印刷
発表会で受賞の喜びを語る岡村隆さん=東京都千代田区
拡大
発表会で受賞の喜びを語る岡村隆さん=東京都千代田区

 兵庫県豊岡市日高町出身の世界的冒険家、植村直己さんにちなんだ「植村直己冒険賞」の第23回受賞者に、約半世紀にわたり南アジアの密林を探検し、計258カ所の遺跡を発見・確認した岡村隆さん(70)=宮崎県出身=が選ばれた。主催する豊岡市が12日、植村さんの母校明治大学(東京)で発表した。

 岡村さんは、スリランカの密林に埋もれる数多くの仏教遺跡が盗掘や破壊に遭っている状況を知り、1969年偵察を敢行。73年から2003年まで7回遠征し、約200カ所の遺跡を探査した。08年に調査の永続化のためNPO法人を設立して以降、6回の遠征を実施。18年には同国南東部のタラグルヘラ山周辺の11カ所で仏塔跡や岩窟寺院跡などを発見、調査した。

 岡村さんは「ジャングルに入り、遺跡を細かく測量し報告するという地味な活動に目を向けてもらい非常に感激した」と受賞の喜びを語った。

 83年からのモルディブの遺跡探査では、別のチームで現地に来ていた植村さんと競合関係になったが、「大変お世話になった」といい「優しく、人の心をおもんぱかって動くという印象だった」と振り返った。(藤森恵一郎)

総合の最新
もっと見る

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ