総合 総合 sougou

  • 印刷
芦屋市役所=芦屋市精道町7
拡大
芦屋市役所=芦屋市精道町7

 兵庫県芦屋市は2019年度、市内の私立の保育所やこども園で新卒採用される保育士や保育教諭に一時金として最大7年間、計160万円を支給し、勤務して10年以内であれば家賃を月額最大8万2千円を助成する制度を設ける。隣接し競合する神戸市と同等の支援を打ち出し、民間保育施設でも保育士の確保とつなぎ止めを図る。

 一時金は、私立の市内保育施設に採用される新卒者が対象。1年目と7年目に30万円を、2~6年目はそれぞれ20万円を雇用する事業者を通じて支給する。家賃補助も同様に事業者を介し、月額8万2千円までであれば全額を補助する。

 保育士・保育教諭活躍サポート事業として、19年度当初予算案に約3600万円を計上する。

 県内でも子育て支援策として、自治体が保育士の処遇を支援制度で底上げしている。18年度時点で神戸市は、芦屋市の新制度と一時金、家賃とも同額を支援。明石市も家賃は同額を補助し、一時金は7年間で150万円を支給する。

 芦屋市によると、市内には18の民間保育施設があり、約150人の保育士、保育教諭が勤務する。同市は「民間保育の力も借りて待機児童の解消を進めたい」としている。(風斗雅博)

総合の最新
もっと見る

天気(4月21日)

  • 22℃
  • 15℃
  • 20%

  • 22℃
  • 8℃
  • 30%

  • 24℃
  • 13℃
  • 10%

  • 25℃
  • 12℃
  • 20%

お知らせ