総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市教委が入る神戸市役所3号館=神戸市中央区加納町6
拡大
神戸市教委が入る神戸市役所3号館=神戸市中央区加納町6

 2016年10月、神戸市垂水区の中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、いじめを証言した同級生らのメモが隠蔽(いんぺい)された問題で、隠蔽を前校長に指示した同市教育委員会の首席指導主事=停職中=が12日夜、生徒の母親と面会し、謝罪したことが関係者への取材で分かった。母親によると、首席指導主事は「私の軽率な判断でご心労を掛けて申し訳なかった。ごめんなさい」と述べたという。

 母親への取材によると、同主事はメモの扱いについて「私と校長の2人で相談し、『出さなくていい』という判断をした」と述べた。一方で「(いじめと自殺の関係を調べる)第三者委員会に影響なければ、なかったことにしようとした。本来はメモを確認すべきだった」と話し、自身の非を認めたという。

 一方で、2017年8月に第三者委員会の報告書が出た後に、同主事の上司がメモ作成当時とは違う現在の校長から「メモを保管している」という報告を受けながら、市教委が対応しなかった点について、同主事は「自分は(市教委から)確認を受けていない。組織の責任を個人に押しつけており、組織的な隠蔽行為だ」と主張したという。

 面会は母親が要望し、約1時間半にわたった。同主事は、市教委内で遺族との窓口を担うなどこの問題の実質的な責任者だった。先月11日、市教委から停職3カ月の懲戒処分を受けた。(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ