総合 総合 sougou

  • 印刷
がれきの撤去作業が続く福島第1原発1号機(左奥)と爆発を免れて建屋が残る2号機(右)=福島県大熊町(代表撮影)
拡大
がれきの撤去作業が続く福島第1原発1号機(左奥)と爆発を免れて建屋が残る2号機(右)=福島県大熊町(代表撮影)
敷地内に汚染水タンクが林立する福島第1原発=福島県大熊町(代表撮影)
拡大
敷地内に汚染水タンクが林立する福島第1原発=福島県大熊町(代表撮影)

 東日本大震災から8年を前に、日本記者クラブ取材団の一員として東京電力福島第1原発などを訪れた。史上最悪レベルの原子力事故を起こした現場は除染作業が進み、敷地内の96%が一般作業服で活動できるようになっていた。一方で、汚染水や廃棄物は増え続け、原子炉格納容器内に溶け落ちた核燃料(デブリ)は残ったまま。廃炉作業の先行きはまだ見通せていない。(今福寛子)

 震災当時に稼働していたクレーンががれきとなって残る1号機。ロボットなどを進入させる作業スペースの「前室」が設置された2号機、ドーム型の屋根を取り付けた3号機は燃料の取り出しを待つ-。福島第1原発1号機から約100メートル離れた高台は、原子炉建屋の生々しい姿を見渡すことができた。

■次々鳴る線量計

 視察のコースでもある高台は、除染の成果で昨年11月からマスクなしで見学できるようになった。そもそもこの日の装備は軽装で、ヘルメットに簡易なベスト、長靴、マスクと手袋、眼鏡だけ。すれ違う作業員も全面マスク、防護服姿の人は見当たらなかった。

 「ピッ」「ピッ」。取材を始め5分ほどで、周囲の線量計が次々に鳴り始めた。20マイクロシーベルトに上がると、音が出る。歯のエックス線撮影1回で10マイクロシーベルト程度といい、頭では心配ないと理解しているが、思わず体がこわばった。

 今回見学した中で最も放射線量が高かったのは、2号機と3号機の間の通路。3号機の上部はがれきが撤去されたが、横から見上げると水素爆発で破壊された当時のまま。コンクリートはボロボロに崩れ鉄筋がむき出しに。建屋の壁は放射性物質の飛散防止剤がまかれ、緑色に染まっていた。

 使用済み核燃料プールから放射線が漏れている影響で、3号機に近づくと線量計の数字が一気に上がり毎時約350マイクロシーベルトを計測。5分ほどで慌ただしくバスに戻った。

■立ち並ぶタンク

 もともと緑豊かだった敷地内は放射性物質が舞い散らないよう木を伐採して舗装し、至る所に汚染水の巨大タンクが立ち並ぶ。高さ約10メートル、約1200トンを貯蔵できるタンクは1週間から10日で満杯になる。東電の計画では2020年末までに137万トン分を製作する予定。限られた敷地の中でこれからも増え続ける。

 軽装備で作業できるエリアが広がり、食堂やコンビニが入る大型休憩所の整備など作業員の労働環境は格段に改善されたという。ただ、1~3号機内の放射線量はいまだ高く、デブリ取り出しの方法は模索中。廃炉の目標は2040~50年としているが、東電の担当者は「まだスタート地点に立ったところ」と説明。道のりの困難さをうかがわせた。

■奪われた古里

 今回の取材で何より印象的だったのは、破壊された原子炉建屋やがれきではなく、福島第1原発までの道のりや中間貯蔵施設の区域内で見た民家だった。荒廃した家屋もあれば、一時帰宅のたびに掃除したのだろうか、8年間人が住んでいないと思えないほど手入れされた家もあった。最近、原発の情報が連日報道されることはなくなった。それでも古里を奪われた人がいる現実を忘れてはいけないと思った。

総合の最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 16℃
  • 70%

  • 26℃
  • 18℃
  • 90%

  • 27℃
  • 18℃
  • 90%

お知らせ