総合 総合 sougou

  • 印刷
佐藤きよ子さん
拡大
佐藤きよ子さん

 女性初の国会議員の一人で、住民運動のリーダーとしても活動した佐藤きよ子さん=宝塚市=が、昨年10月下旬に亡くなっていたことが14日、関係者への取材で分かった。99歳だった。衆議院によると、戦後初の総選挙で選ばれた女性国会議員39人のうち、佐藤さんは最後の存命者だった。

 佐藤さんは1919(大正8)年4月、大阪市で生まれた。喫茶店やアパートの経営などを経て、46年4月、女性参政権が認められた戦後初めての衆院選で、大阪府の選挙区から立候補。「食料の確保と1人3畳の住まい」を公約に掲げ、26歳で当選した。誕生した女性国会議員39人の中で最年少だった。

 衆院では新憲法の審議に参加した。連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー最高司令官にも面会し、「食べるものがなくて子どもたちが困っている」と食料援助を要請したという。

 47年に落選した後は政界を離れ、49年に新聞社のカメラマンだった男性と結婚。西宮市に移り住み、60年代は日照権問題などの住民運動に力を注いだ。

 また、西宮、尼崎両市の武庫川河川敷や大阪市西成区のあいりん地区(釜ケ崎)で、ホームレスの人たちに毛布や肌着、食料を届ける支援活動にも取り組んだ。

 2014年には自伝「日本初の女性国会議員 きよ子・95歳の人生奮闘記」を出版。近年は憲法や女性参政権などの意義を発信していた。97歳だった16年5月、神戸新聞社の取材に対し「憲法は国が押しつけるものではなく、国民のもの。(改憲論議は)一人一人がどうあるべきか考え、憲法を学ばないといけない」と語った。

 関係者によると、昨年は体調を崩し、施設で暮らしていたという。

総合の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ