総合 総合 sougou

  • 印刷
但馬版の五国連邦ポスター
拡大
但馬版の五国連邦ポスター
丹波版の五国連邦ポスター
拡大
丹波版の五国連邦ポスター
神戸・阪神版の五国連邦ポスター
拡大
神戸・阪神版の五国連邦ポスター
播磨版の五国連邦ポスター
拡大
播磨版の五国連邦ポスター
淡路版の五国連邦ポスター
拡大
淡路版の五国連邦ポスター

 兵庫県はこのほど、県名を「兵庫五国連邦」に改称すると発表した。一つのイメージにまとまりきれない「兵庫県」としてのPRを断念し、但馬、丹波、神戸・阪神(摂津)、播磨、淡路の旧五国から成る連邦国とする-。といってもウェブ上のみの話。特設サイトを用意し、五国の「あるあるエピソード」を募集。多彩な魅力がある県として国内外に発信する。

 瀬戸内海と日本海に面し、海と山、都市部と過疎地を抱える兵庫県は日本の縮図ともいわれる。一方で、その多様性から県のイメージがまとまりづらく、インターネット上では、多民族国家の旧ユーゴスラビアになぞらえて「ヒョーゴスラビア連邦」と呼ばれることもある。

 県は、この多様性を逆手にとって五国の魅力を前面に打ち出し、「兵庫ブランド」の向上を目指すことを計画。「U5H」(ユナイテッド・5コク・オブ・ヒョウゴ)プロジェクトと名付けた。

 まずは県民自身に県内の他地域の魅力を知ってもらおうと、特設サイトをつくり、「あるあるエピソード」を募集することにした。

 「東西南北より海側山側」。条件反射で山を探してしまう神戸・阪神エリアの住民のあるあるだ。「祭りの時、仕事してたら怒られました」。播磨の風物詩ともいえる秋祭りの前では、仕事も不参加の理由にならない。「神戸ビーフはもとは但馬牛。でも言わない」は、但馬の人の奥ゆかしさを感じさせる。サイトには12日の開設以降、約200件のエピソードが寄せられている。

 「連邦長」に就任した井戸敏三知事は「地域のエピソードを知れば、きっと現地にも行きたくなる。兵庫県の歴史や自然を知るきっかけにしてほしい」と強くアピールしている。

 五国を擬人化したポスターも制作し、県内の駅や商業施設など約500カ所に順次掲示している。県広報戦略課は「ふるさとは、それぞれの具体的なエピソードが集まってできるもの。兵庫の魅力をみんなで再発見して発信力を高めていければ」と投稿を呼びかけている。

 特設サイトのアドレスはhttps://u5h.jp

(前川茂之)

■うどん県、おんせん県、蟹取県… 熱帯びる都道府県のプロモーション合戦

 都道府県のPR策を巡っては、各自治体が知恵を絞ったプロモーションを展開。奇抜なキャッチフレーズはネット上でも評判を呼び、認知度向上に効果を上げている。

 先鞭をつけたのは、2011年に「うどん県に改名する」という動画を公開した香川県。出身の俳優要潤さんらを“副知事”に任命し、「面白みがない」と言われた自治体広報のイメージを払しょくした。

 大分県は12年に「日本一のおんせん県おおいた」を観光PRのキャッチフレーズに決定。温泉でシンクロナイズドスイミングをする“シンフロ”の動画が話題を集めた。

 カニの水揚げ日本一を誇る鳥取県は「蟹取県」と名乗ると宣言。ほかにも、県をひとつの大家族に見立てた高知県の「高知家」、人口が集中する東京への対決姿勢を鮮明にした徳島県の「VS東京」宣言など、都道府県のプロモーション合戦が熱を帯びている。

 兵庫県広報戦略課は「『兵庫五国連邦』は県民のエピソードを引き出す、あくまで県民主体のプロモーション。これまでの自治体主体のものとは一線を画している」と他府県との違いを強調。連邦の“存亡”は県民にかかっている?(前川茂之)

総合の最新
もっと見る

天気(3月22日)

  • 15℃
  • 12℃
  • 10%

  • 11℃
  • 9℃
  • 30%

  • 15℃
  • 12℃
  • 10%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ