総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路城主酒井忠績の墓石(右)と生涯を刻んだ顕彰碑=東京都豊島区、染井霊園(提供写真)
拡大
姫路城主酒井忠績の墓石(右)と生涯を刻んだ顕彰碑=東京都豊島区、染井霊園(提供写真)

 江戸幕府最後の大老で姫路城主だった酒井忠績(ただしげ)(1827~95年)が眠る東京都立染井霊園(東京都豊島区)内の墓の継承者がいなくなり、無縁墓として撤去される可能性が高まっている。管理料の支払いが途絶えて5年以上が過ぎ、霊園を管理する東京都の条例に基づき、撤去の対象になった。そばに立つ顕彰碑文が刻まれた記念碑も同様に保存が難しくなっており、地元の姫路では「偉業の証しが消えるのは残念」と惜しむ声が上がっている。(宮本万里子)

 忠績は江戸期の姫路藩主・酒井家の分家に生まれ、後に本家の養子として同藩主を継ぎ、姫路城主となった。徳川家に忠節を尽くしたことで知られ、江戸幕府の最後の大老として幕政改革に手腕を振るった。

 死後、染井霊園に墓地が整備され、広さ約20平方メートルの区画に墓石のほか、酒井家の旧臣らによって建立された顕彰碑も並ぶ。墓石、顕彰碑は共に高さ約3メートル。碑には、忠績の生涯や人柄が漢文で「風膺要職 文武総擥 致莭匪躬 執心習坎」(「早くから要職に就いて文武を統括し、自らを顧みず困難に立ち向かった」との意味)などと格調高く記されている。

 一方、10年ほど前から墓地の管理料を払っていた親族と連絡が取れなくなり、新たに引き継ぐ人も現れない状態が続いた。都はそうした墓について、5年以上管理料を滞納すると使用許可の取り消しを視野に調査する-と条例で定めているため、忠績の墓も対象に。墓石などを撤去して区画を更地にし、遺骨は他の霊園にある無縁塚に移すことを検討する。

 同霊園には忠績をはじめ、「著名人」として明治・大正期の思想家の岡倉天心や、終戦後間もなく首相を務めた幣原喜重郎、明治期の小説家二葉亭四迷ら約70人の墓があるが、撤去が懸念されている墓はない。

 同霊園によると、墓の継承者は故人の6親等以内の親族であることが原則。それ以外の人が継ぐ場合は裁判所の審判が必要。同霊園の担当者は「無縁墳墓にするのは仕方なしの判断。墓を引き継げる人がいればいいのだが…」と話す。

 姫路市立城郭研究室の工藤茂博学芸員は「歴代姫路城主の多くは菩提寺に眠るが、墓の撤去は聞いたことがない。忠績は幕末維新の歴史で姫路藩の位置づけを研究する際に欠かせない人物。墓や顕彰碑がなくなれば存在が忘れられる可能性もあり残念だ」と話す。

総合の最新
もっと見る

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ